Book

Book

青い時間と彼女の記憶

Aoi jikan to Kanojyo no Kioku

年の離れた姉と僕のある夏の夕方の記憶、時を経て存在し続けるものや受け継がれていくものをめぐるオリジナル短編。

本の背に施したアンティークのレース、グレーの表紙に光る箔押しのラインが物語の世界を暗示させます。

​和紙のたとうに入れて。

 

文    森本 歩子

印 刷  Le Bois de Livre

製 本  森本 歩子

発 行  Le Bois de Livre  2015年7月

size   72×52 mm  20 pages  

The story about the memory of summer evening spent with my old sister,

and things that exist even after time, things that are inherited.

Using antique lace on the back of the book, silver foil stamp on the cover implies the story.

Wrapped in japanese paper.

Text by Hoko Morimoto

Book size 72 x 52 mm,   20 pages

July, 2015 

 

 

 

©  Le Bois de Livre     Hoko  Morimoto    2014